にじゅうやきです

現在保有している不動産投資物件


物件A
RC造 築33年 3階建て 保有年数3年 1R(20m2) 
1室平均家賃 35,000円 × 18戸 × 12か月 = 年間家賃収入 756万円
借入金額 7000万円 表面利回り 10.8%

物件B
RC造 築30年 5階建て 保有年数3年 1R(20m2)1階店舗 
1室平均家賃 34,000円 × 18戸 × 12か月 = 年間家賃収入 734万円
1階店舗家賃 9万円 × 12か月 = 年間家賃収入 108万円 家賃収入合計 842万円
借入金額 9000万円 表面利回り 9.35%

物件C
RC造 築35年 3階建て 保有年数4年 1DK(30m2) 
1室平均家賃 40,000円 × 12戸 × 12か月 = 年間家賃収入 576万円
借入金額 6000万円 表面利回り 9.6%

物件D
木造 築40年 2階建て 保有年数1年 2LDK 
家賃 55,000円 × 12か月 = 年間家賃収入 66万円
借入金額 750万円 表面利回り 8.8%

物件ABCは賃収物件が値上がりしていく3、4年前に買うことができました。
当時利回りが10%近い物件はたくさんありました。
融資がおりずチャンスをたくさん逃しましたが、会社の取引先のひとつである地銀が
融資をしてくれてABCとすべてフルローンで買い進めることができました。

ちなみにABCの物件は借入金利が約1.4% Dについては1.0%です。
ABCの金利は当初2.8%でしたが、そこはあの手この手で2段階を経て
下げてもらう事に成功!営業担当さんは「もう勘弁してください!」
と泣いてますw もう少し下げてもらいたい!

どの物件も築年数が古くていろいろ問題が出ますが、今のところ行った大規模修繕は、
Cの屋上防水工事130万くらいですね。
今後の修繕のために予算を考え貯めておかなくてはいけません。
外壁タイル塗装工事ですと数百万はかかりますからね。

満室想定の家賃収入は合計すると2240万ですが、現在の入居率は90%弱ですので
不動産収入としては2000万です。

年間支出は 固定資産税・銀行ローン・光熱費・インターネット・内装改装費
税理士費用・火災保険・不動産広告手数料・修繕費・雑費 合計約1500万
手残り500万を積み立てておくという感じになっています。

不動産屋さんに管理はまかせず自分で家賃管理やメンテナンスをやっていますので
不労収入ではないですね。
週に3日数時間は、本業が終わってから現場に行ったりしています。
自由がきく副業としては良いと思いますが、いろんな事が起きますので嫌になる
オーナーも多いと聞きます。
どんなことが起きるのか! そこらへんはまたの機会に^^

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク