にじゅうやきです

いまいち巷に浸透していかないNISAですが、私の周りでは二人しか利用していません。
みなさんの周りではいかがですか?2018年から開始された方は、多少の含み損が出てへこんでいる知り合いもいるかもしれませんね。そこで投資ってやっぱり儲からないじゃん!と早合点するのではなく長期投資についての知識を学んで短期的な下落への耐性をつけていかなければなりませんね。

私のNISA口座利用状況

2016年 SMBC日興証券 NISA 120万円
2017年 SMBC日興証券 NISA 120万円
2018年 SBI証券    つみたてNISA  0円
2019年 SBI証券    つみたてNISA 40万円 予定

2016年 投資に関しての勉強を始めたばかりで、IPO投資用の口座として開設していたSMBC日興証券でNISA口座を開設しました。よく調べないとわからない部分・やってみてわかった事などがたくさんあって始めての方は、失敗しがちなので私の失敗例を参考にしてください。

失敗その1
まずSMBC日興証券での販売商品が、人気の3証券である SBI証券・楽天証券・マネックス証券と比べて少ないので、SMBCで開設するべきではなかった。
SMBCでは、米国株はネットでのダイレクトコースでは注文できません。コレクトセンターへの注文が必要で不便です。どこも変わらんでしょと安易にNISA口座を開設しますと一年間その口座を利用しなければなりません。

失敗その2
2017年はSBI証券に変更するぞ!と計画していたのですが、2016年年末に余っていた120万円の枠を埋めようと、たわらノーロード先進国株を購入しました。年末ギリギリに購入してしまうと決済されるのが、年越して翌年2017年となってしまったため、2017年はSMBCでいかざるをえなくなりSBI証券に移行できない破目になりました。

失敗その3
米国株への投資がしたかったのですが、それはSBI証券でNISA口座ではなく特定口座で開始しました。いろいろな方のオススメ商品を勉強していたなかで、投資方針がまだしっかりしていなかった私はジェイリヴァイブⅡを購入しました。今では選択しないアクティブファンドで、信託報酬料は1.84%とバカ高く、米国ではなく日本の中小型株へ97%投資という商品。。。金額は約50万円購入しましたが現在20%のマイナスです。中長期で考えてはとも思うのですが、まったく自信がありません。枠を埋めないと損という焦りのような感情があったと思います。

失敗その4
いよいよ2018年からSBI証券でつみたてNISA口座を開設できる状態まできたのですが、まあ毎月積立じゃなくてもまとめて40万できるらしいしと、あと少しの登録作業を伸ばし伸ばしにしていて気づいたら11月になっていました。SBI証券では10月までに登録作業を終えて開設しなければ締め切られ翌年からになってしまうのです!それで2018年は0円になっているんですね。

まとめ

NISA開設口座は商品豊富で便利なSBI・楽天・マネックスから選びましょう!

年末ギリギリでの購入は止めましょう!

焦らず商品を選びましょう!(枠を埋めず買わないのも手です)

口座開設作業はお早めに!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク