【老後破産の実態とは】

働けない、年金が少ない、貯金がない、病弱で介護代の支払いがあるなど様々な要因で日々の生活費に困窮されているお年寄りが多くおられます。

そのなかでも年金の受給額が年間120万未満のお年寄りが約300万人以上いると言われています。

年金を家賃支払いや病院代など生活費に使うと手残りはごくわずかで、1日1食10円の乾麺だけでしのぐ日もあるそうです。

さらに国民年金は最高でも年間75万円ほどなのでわずか6万円で1か月を過ごさなくてはならない。
掛けていた年数が少なければもっと少ない受給額なわけです。

ご飯が満足に食べられない老人は病院代が払えないため痛むのを我慢して症状を悪化させるのだとか。


【生活保護を受けない老人たち】

医療費が無料になり月13万円支給される生活保護を受ければ良いのでは?と思いますが、保護だけは受けないと頑なに拒否される老人もおられるようです。

保護を受ければ恥だとか、国の世話になりたくないとかが理由のようです。

また生活保護を受けるには自治体によりますが、預金が30万円以上あると受ける資格がないという条件があります。

余生のために貯金してきたものが逆に足かせになってしまう場合があるのです。

ある老人は言います。生活保護は受けたいが預金がないと不安だ。どうすればいいのかと。

私の保有している物件にも生活保護の方がおられますが、預金が一定額まで減るのを待って申請を出し保護を受けれた方も実際二人ほどおられました。


【なぜ老後破産になるのか】

独居老人に多く年金受給額の低い方が老後破産の状態に陥りやすいのですが、以下のようなパターンがあるようです。

人の世話になりたくない(子供や親戚に頼りたくない頼れない人)

妻や夫に先立たれ子供もいない

リストラや病気、親の介護などで働けなくなったため低所得になったり年金を納めることができなくなった。

同居している無職の子供に年金をあてにされている。

自営業をしていて国民年金を納付せず事業にも失敗して借金を背負ってしまった。

なかには勤めていた会社に騙され年金を掛けられていなかった方もおられるそうで、その方は年金はゼロだそうです。

リストラや病気や介護問題は誰にでも起こりうることですね。


【老後破産を防ぐには?】

やはり早くから安心できる額の資産を築くしかないでしょう。

国はつみたてNISA iDeCoなどで長期の資産形成をするよう勧めています。高齢化のために減っていく年金では生活していけないと示しているわけです。

老後への資産形成としてまず、サラリーマンの方なら月額約56330円を捻出して
つみたてNISA 40万円 
iDeCo 27.6万円 
このふたつの枠を利用しましょう。

まだ投資できる資金があれば、米国株式主体の資産運用をオススメします。

米国株に慣れている方、これから始めたい方はVT Iヴァンガードトータルストックマーケットを、
為替が面倒、日本円で運用したい方はその日本版である楽天VTIに積立投資されることをオススメします。

明日は我が身です。自分の身は自分で守るしかありません。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↑応援クリックお願いします!
スポンサードリンク