みなさん派遣ってどういうイメージをお持ちですか?

私は良いイメージが無くて低賃金・悪い待遇で働く環境しか想像していませんでした。

しかし今の派遣に登録している人たちはこんなネガティブなイメージで働いている人ばかりでないということがわかってきました。

例えばある企業の工場で週5日で10人ほど労働力が欲しいと思っていても、人手不足でなかなか集まりません。しかし派遣業者に頼めば労働力を用意してくれます。週3回・週4回しか働けないまたは働きたくない人が登録者となってくれているので、そのような人たちを派遣するわけです。

企業としては週5日同じ人が一番いいのですが、生産性が落ちる可能性があっても週3・4回の人を混ぜて50人分の労働力を確保しているわけです。

シンプルな生き方を望む人が増加
 
上記の働きたくない人とは月20万あればいい、物やお金にこだわらないシンプルな生き方を望んでいる人が若い人だけでなく年配にも増えてきているからのようです。

車は欲しくない・テレビもいらない・パソコンもいらない・スマホ1台あれば十分というミニマムな暮らし方をしている方も増えてきていますしね。

また給料は上げないが、残業はさせない・有給はしっかり取りなさいという企業も多くなっているので副業として掛け持ちで登録している人も多いのだとか。

派遣業種の現状

そんな派遣業ですが3兆円を越える売上高、平成27年から28年の伸び率は20%弱の伸び率と勢いが増しています。

リーマンショック時の平成20年ごろからの急激な不況で業界も状況が悪化し、いわゆる【派遣切り】が社会問題となりましたが、平成21年からは回復に向かい派遣業は成長し続けています。

多様な生き方による働き方への考えが変わってきたため、派遣登録者は増え続けています。
知人の派遣会社では毎週20人の登録があるといい、まだ起業して数年の会社ですが、すでに1万人を超える登録者がいるそうです。

政府は派遣業への待遇改善を求めていて、少ない勤務日数でも福利厚生をつける企業も増えているそうです。

請求する際に福利厚生分を乗せた金額を請求するため、就労者に支払う金額の1.5倍を派遣先に請求をおこなっているそうです。それでもうまくマッチングしているのですね。

派遣で自由に生きても資産は築ける

無駄なお金を使わず、節約して積立投資を行うという事が前提ですが「複利」の力を使えば資産を築くことができます。

米国の連続増配株に積立投資していきましょう。今では米国株全体に投資できる優秀なETFである【VTI】が日本円で買える楽天証券【楽天VTI】がオススメです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
↑応援クリックお願いします!


スポンサードリンク