pexels-photo-1455972
【タワマンの販売状況は?】

一部タワーマンションは現在苦戦しているようです。

ある大手不動産の600戸販売予定のタワーマンションでは、半分が成約したというのは建前で実際には2割しか売れていないとか。 

誓約事項が足枷となって売れ行きが悪くなっているそうです。
そのうちの1つに強風問題があります。

強風のためベランダでタバコを吸ってはいけない。まあこれは許せますね。

しかしベランダで洗濯物が干せないとなるとこれは敬遠したくなる方も多いはず。

理由は高層階では恐ろしいほどの強風が吹くからです。

洗濯専用のルームがあるならまだしも、常に乾燥機のみか部屋干しって。布団を外で干したい人にも不満な点ですね。

【タワマン表面化してきた問題点】

タワマンが抱える問題点を地元不動産業者さんに聞いてみました。(販売しているデベロッパーではありません)

1 強風問題

2 揺れが激しい

超高層タワマンは免震構造のため地震に強いマンションです。
免震>制震>耐震の順に強い構造と言われています。

免震は基礎より上の建物部分が揺れと同じように動く強い構造であるので、超高層とできる訳ですが、その反面構造は重く出来ません。

地震と共に揺れる構造のため高層階の揺れは酔うほどの激しさとなります。東日本大震災で激しく揺れが続き体調を崩した方が多く見られました。

3 エレベーター・立体駐車場の混雑

多い所では1000世帯が入るタワマンでは、朝のラッシュ時に激しい混雑が起こります。

満員電車で苦しみ自宅マンションのエレベーターでもストレスを受けるとは。

立体駐車場においても同様の混雑が起こっています。
数十分待つこともあるとか我慢できそうにない。。。

火災や地震などの予期せぬ事態が起きたときパニックとなるでしょうね。

4 将来の高齢化

一斉に同世代が入居した場合に将来のイベントも重なってきます。

子育て、子供の巣立ち、定年退職などのイベントが同じように発生し親世代は年を取っていきます。

過去に大規模団地でも起きたように町全体が高齢化し空き家となっていきます。

一度に大規模な開発をしてはいけないのです。イギリスでは、同じエリアでの都市計画は数十年単位で少しずつ行っていくのが良いとされています。日本のデベロッパーはこんな事考えながら作っていません。

そして管理費・修繕費を少ない人数で負担せざるをえなくなります。
これはどこの分譲マンションでも起こることですが、特にタワマンでは高層階の修繕で
今後どのような修繕が出てくるのか未知な部分があるので不安な点となります。

5 その他ストレス

「ちょっと外出するにも外出用の服に着替え、化粧をしなければ恥ずかしい。」

「マンション内の噂がすぐ広まったり、ママ友のグループ内での階層カーストが起こる。」

「生活レベルを下げれない。見栄のため、外出する際タクシーを使う。」

「人の目が気になりレジのパートに行くにも近くで勤務できず数駅離れた場所で働く。」

みなさん見栄っ張りですね~。

逆にタワマンに住んでて良かった事は?とタワマンのメリットを調べてみると、
ステータスがある・最高の眺望・夜景がキレイという感じで見栄っ張りの人のコメントで
大したメリットはなさそうですね。

今のところタワマンを買うべきメリットは無いですね。
賢い投資家は衣食住にお金を掛けすぎず質素に暮らし、できるだけ楽天VTIなどの優秀な投資信託に積立投資していくことをオススメします。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↑応援クリックお願いします!


スポンサードリンク